「30歳を過ぎたら一気に来る」

体の衰えに関する話を会社の先輩や上司によく言われていましたが、最近彼らの言っていたことが真実だと実感しています。私はいま32歳ですが、10代、20代の頃には何の不安もなく出来ていたことができなくなってきており、「歳を取ったな」と早くも絶望感に似たものを感じ始めました。

どんなときに年齢的な不具合を感じるかというと、

  • 徹夜した時(疲労により36時間不眠不休で遊べない)
  • 食事(脂っこいものが食べられない、胃がもたれる)
  • 視力の低下(パソコンの細かい字が読めない)
  • 新しいものへの興味・関心が薄れる

といったものがあります。

体力が低下して徹夜できない

中学生とか高校生くらいのときは、朝起きて学校へ行き、学校から帰ったら徹夜してゲームで遊び、翌朝また学校へ行って授業を受け、家に帰ってからもまたゲームで遊ぶ…ということが余裕でできました。時間的には36時間くらいの不眠不休が可能で、疲れるけどゲームのためなら!ということで割と無茶なことができたんです。ところが30歳を過ぎるとさすがに体が追い付けない…。徹夜しようものなら昼前には眠さと疲労で起きていられず、仮眠をとらないと厳しい感じになっています。

これが歳を取るということか…と、肉体年齢の衰えが着実に進行しているのを実感して軽くショックを受けています。

脂っこいものが食べられない

食事面でも以前ほどには箸が進まなくなりました。

とくに脂っこいものが食べられなくなってきており、むかしは毎日のように脂たっぷりでコッテリしたラーメンを食べていたのに、最近では全然食べていません。焼肉とも疎遠になっており、昔はあんなに好きだったのに最近では肉が焼ける時の独特な匂いを嗅ぐだけでもゲンナリしてきます。

その代わり果物や野菜などのサッパリした食べ物はいくらでも食べられるので、歳を取ると食の好みまで変化するのか…とビックリです。

視力低下

また、視力の低下も著しいです。

パソコン画面に表示される文字が正確に読み取れないときがあり、特に数字がヤバイ。「0」と「8」を読み間違えることが多く、ハッキリと見えない時には画面に顔を近づけて読み取っているくらいです。いままで「高齢者はパソコンを使えないしアナログ主義だから困る」みたいに思っていましたが、なるほど、歳を取ると視力が低下して文字が読みにくくなるのでパソコンみたいな文字の小さな機械を使うのは困難になるわけだ。たぶん高齢者でもパソコンが使えないわけではないと思うけど、文字のサイズを大きめに設定しておかないと積極的に使おうとは思わないだろうな…と思いました。

新しいものへの興味・関心が薄れる

年齢を感じることのうち一番ヤバイと思われるのが「新しいものへの興味・関心の衰え」です。「人間は好奇心を失ったら老人。好奇心があるなら年齢に関係なく若者だ。」という言葉を誰かが言っていたような気がしますが、これは事実だと思います。

新しいものに対する好奇心や興味を無くすと、実年齢に関係なく老人です。世の中には毎日のように新しいものが誕生していますが、これらに対する興味を失いつつあるのが自分でも分かり、歳を取ったことを実感しています。

たとえば新し映画作品が出た時、若いころには真っ先に見て見たいと思いました。でも今ではそれほど見たいとは思いません。新しいWEBサービスが誕生した時にも真っ先に使ってみたりしましたが、最近ではそのサービスを利用した人の口コミを調べ、面白そうだったら使ってみる…という具合です。自ら使ってみたい!なんでもいいから新しいものに触れてみたい!みたいな欲求を失っています。

ただ単に興味や関心の対象が変わっただけ、趣味が変わっただけなのかもしれませんが、むかしほど積極的に、情熱的に行動することがなくなりました。私は元々”欲”が少ない人間でしたが、欲の少なさに拍車がかかったように感じます。

「歳相応」に満足するな!

私は歳相応に満足しようとしてしまっていますが、このまま歳相応に満足しようとしたら、脳も体もますます老化してしまいます。こんなことを言う高齢者がいたらウザいと感じるとは思いますが、「歳相応に満足しない方がいい」と思います。いつまでも青春を謳歌すべきです。年齢に不相応なくらい活動的に遊び、積極的に行動し、胃がもたれるまで美味しいものを食べ、新しいものに関心を持たないと、あっと言う間に老人になってしまいます。

私はまだ32歳ですが、すでに中身は老人に片足をツッコんでいる状態です。このペースのまま40歳になったらどんなことになってしまうのか?考えるだけで恐ろしいです。

肉体的、精神的には無理をすることになりますが、歳相応に満足することなく、もう少し若々しさを感じるような生活を送りたいと思いました。